プラットフォーム運営・シェアリングエコノミーサービスに役立つ情報

「規約」とは?Webサービス運営をするならまず作ろう

Webサービスの利用規約というものをご存知でしょうか。利用規約はそのサービスを利用する上でのルールや決まり事を掲載している内容であり、それに同意することでサービスを利用できる一種の契約書です。

一方でその規約に同意することは内容を読んでいるという前提であり、規約に違反するとサービスの利用や下手をすれば賠償責任などにも問われるユーザーからみて重要な内容でもあります。

サービスを提供する側としても、ユーザーからサービスの範囲を超えた理不尽な対応を未然に防ぐという意味でも重要になってきます。このため、双方のトラブル回避という視点からも規約には目を通していく必要がありますので面倒でも一度は確認することが大切です。

それでは利用規約について、おおまかに記載している内容を紹介していきましょう。Webサービスを無料で利用する場合そのサービスの利用の範囲や、個人情報に係る利用方法などへの同意が記載されていることが多くあります。

また悪意のあるユーザーから他のユーザー・運営者側を守るため、利用の際の禁止事項や利用違反者に対するペナルティ・損害賠償に関する事項を記載している場合も多いです。

有料で利用するサイトや商品を購入するECサイトについては、特定商取引法(正式名称「特定商取引に関する法律」)による表記が必要なため会員登録に加えて商品購入の際に必要項目が記載されています。

特定商取引法では、消費者と事業者がトラブルにならないよう必ず販売商品に関する価格や支払時期・支払方法といった支払いに関する事項、商品の受渡時期(または提供時期)や申込のキャンセルの有無・送料などの記載を義務付けています。

またトラブル回避のため、事業者情報や事業者名称、事業者住所・事業者電話番号の記載も記載されこれは別のページに記載されていることが多いです。例えばECサイトで初めて商品を購入する際は、購入のページなどに上記支払いに関する項目が記載されているため念のためチェックしておくと安全です。

SNSでフォローする