プラットフォーム運営・シェアリングエコノミーサービスに役立つ情報

検索エンジン対策としての被リンクについて

SEO対策とは

サイトを公開したあと、検索エンジンで上位に表示させるためにとる様々な施策のことを「SEO(エスイーオー)」と言います。 検索エンジン最適化のための施策です。

このSEO対策として長く用いられてきたのが、いわゆる「被リンク」です。

被リンクは有効?

「他のサイトからたくさんリンクが張られているサイト程、品質の良いサイトだ」と検索エンジンのボット(=検索アルゴリズムを持ったロボット)が判断する時代がありました。

今は不自然な被リンクが大量にある場合には、逆にペナルティを課せられてしまうこともあるので、十分に注意が必要です。

ペナルティを受けると、最悪の場合には検索結果に表示されなくなることもあります。

今は、安易なSEO対策は通用しなくなっています。

不自然な被リンクは悪い影響

検索エンジンのロボットが世界中のインターネット上にあるホームページの内容を調べて回り(クロール )、サイトの内容や品質を判断することで、検索順位がきまっています。

ですから、「機械向け」の対策も確かに必要ですが、それは少なくとも被リンクを不自然に増やすことではありません。

検索エンジンの性能は日々進化しています。

あなたのサイトの内容が有益なために、自然発生的に多くのリンクが張られているといった場合は、もちろん問題ありません。

けれど、不自然な形での被リンクを獲得するために奔走するのは、すぐにやめましょう。ましてや有料でリンクを買うといった手法は、一番やってはいけないことです。

コンテンツファースト

どうすれば、あなたの運営しているサイトを検索結果で上位に表示できるのでしょうか。

検索エンジンに評価してもらうためには、検索キーワードを入力したユーザーに必要とされる情報を、わかりやすく、見やすい状態で提供することにつきます。

評価には、正しい情報収集力と文章構成力、見やすく伝えるデザイン力の他に、正しいコーディングができているか、ページの表示スピードは遅くないか、といった様々な要因が絡んでいます。

コーディング等の技術的なことは、優良なシステムを使うことで解決できると思います。

現在のSEO対策は「コンテンツファースト」 内容第一と言われます。提供する情報に価値を持たせられるかどうか、有用なコンテンツを提供できるかといったところが、差別化を図るポイントであり、サイトの価値です。

ターゲットを明確に

サイトの内容は検索ユーザーの求めるものになっているでしょうか。その前提として、あなたのサイトのターゲットユーザーは誰でしょうか。

システム的な障壁は低くなり、 誰もが簡単にサイト開設できるようになってきました。

しかしそこから先で多くの人が苦戦します。アクセスを増やし、収益を上げたいのであれば、ビジネスの基本である「誰にどんな価値を提供したいのか」をしっかりと見つめなおすことが大切です。

あまりにも基本的なことなのですが、実はこれができているサイトは少ないのです。裏を返せば、当たり前のことをきちんと行うだけで、質の高いコンテンツが作れるということにほかなりません。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA