プラットフォーム運営・シェアリングエコノミーサービスに役立つ情報

家を持たない・借りないという選択肢、 定額制居住サービスを紹介!

リモートワーカー、フリーランス、ノマドワーカー、近年このような働き方をする人は増えてきています。

日本ではまだまだこれらの働き方はマイナーですが、海外ではこのような働き方がメジャーになってきています。例えば、アメリカでは約1億6000万人いる労働人口の、約35%がフリーランス的な働き方をしているとされています。

日本も一定の場所に留まらず仕事をする人は増えていくと予想されています。そのような定住しないという選択を選ぶ人が増え、新しいサービスが生まれました。

定住しない人や移動の多い人向けの、定額制居住サービスをご存知でしょうか?

家を持たない・借りないという選択肢、
定額制居住サービスを紹介!

デュアルライフや多拠点居住など人々の生活は場所に縛られずにどんどん自由になっていきます。

もちろん定住を選ぶ人も一定数いるはずですが、自由に動き回りたいと考える人は少なくないはずです。そう考える人に定額制居住サービスは非常に便利なものになるでしょう。

定額制居住サービスとは

月額で固定費を支払うことにより、全国にある家やゲストハウスが使えるというサービスです。

シェアハウスやゲストハウス、アパートメントなど様々な種類があり、サービスによってタイプは異なります。

また定額制居住サービスはリビングを共有する意味として、コリビングなどと呼ばれたりもします。

定額制居住サービスは都心以外にも地方の田舎暮らしの体験ができたり、古民家や空き家の再利用など環境面でも大きく貢献しています。

定額制居住サービスはどんな人におすすめか

月額制居住サービスは移動が多い人、場所に縛られない仕事をしている人におすすめです。

またプランによっては少ない日数からも選べるので、月額でなくても利用できます。

そのため出張などでも利用することができます。

定額制居住サービス3選

定額制居住サービスを紹介していきます。

空き家の活用や数多くの家に住めるサービスがフリーランスや定住しないでホテルなどを転々とするアドレスホッパーの増加に伴い充実してきています。

「ADDress(アドレス)」〜空き家活用〜

ADDressは空き家や空き別荘を活用した定額制居住サービスです。

オーナーとなる人が空き家などをリノベーションして、月額で支払って会員となる人に住居を提供する仕組みとなっています。

またオーナーは月ごとに報酬がもらえます。

ADDressの考えとして空き家を「住む」「働く」拠点、「Co-Living(コリビング)」にするというものがあります。

地方の人口減少と、フリーランスの増加のバランスの上に成り立つサービスです。

基本的に光熱費は月額に入っていて、Wi-Fi環境や、家具家電も備わっています。

今現在日本に24箇所の拠点があり、これからもっと数も範囲も増やしていくことを目標としています。

国外にもサービス展開しているので、アドレスホッパーにとってとても利便性が高いです。

ゲストハウスとはまた違ったサービスであるだけに、今とても注目されているサービスです。

そのような背景もあり、ANA等と提携して飛行機、電車、車の移動コストを下げ、移動を定額制で利用できる、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の実証実験を2020年1月より開始する予定です。

「XROSS HOUSE(クロスハウス)」〜3000件の家に住む〜

XROSS HOUSEは入居と退去がスムーズにできるシェアハウスです。

一ヶ月単位で移動できるので、人間関係でなにかトラブルなどが合ってもスムーズに家を変えることができます。

また都内を中心として、3000件の物件があるのも選択肢が豊富となる大きなメリットです。

ドミトリーや個室、セミプライベートや家具付きアパートメントのタイプがあるので自分にあった条件で居住することができます。

家具付きアパートメントの場合は別途で、水道代や電気代がかかります。

個室でも3万円台からと都内ではかなりの安さを誇るので、都内を中心として移住する人にはおすすめのサービスです。

物件を見学せずに借りることができるのも移動しやすいメリットです。

シェアハウスに住む場合は、他の月額サービスには無い距離感の人間関係が築けるのも良いポイントですね。

「Hostel life(ホステルライフ)」 〜コストパフォーマンス〜

ホステルパスと呼ばれる会員カードを持つことで、全国の登録ホテルが泊まり放題になるサービスがHostel lifeです。

Hostel lifeはコストパフォーマンスに優れていて、特に多拠点パスというプランでは、契約月数が多いほど安くなります。

1ヶ月のみの契約だと5万円のところが、1年の契約だと28万円になります。

年間契約した場合一月あたりの料金は単純計算で約2万3千円です。

また別途料金で住所を置けるサービスもしているので郵便物の受け取りや保管もできます。

利用できるホテルは日本中に13か所展開していて、北海道、宮城県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、石川県、福岡県に加え、鹿児島県の屋久島のホテルも1つ利用できます。

これからは東南アジアを始めとする海外への展開もしていく予定です。

最後に

日々移住する生活は刺激もあり理想的だと考える人は少なくないでしょう。

ですがもちろんデメリットと感ぜられる部分も少なからずあり、

人間関係や学生であれば学校との兼ね合いも考えなければなりません。

ただ、それを超える楽しみを感じるのであれば、定額制居住サービスなどを利用して、移住生活を楽しみましょう!

SNSでフォローする