プラットフォーム運営・シェアリングエコノミーサービスに役立つ情報

Material Design

Webプログラミングをする方やWebデザイナーにとって、UIやUXはとても重要なものです。Webデザインの中でも、Material Designは今やユーザーインターフェースデザインでは欠かせないものとなっています。

Googleが推奨しているデザインのガイドラインなのですが、とても細かいルールがありますので、それに沿ったデザインをする必要があります。それほどまでに細かくルールを決める理由は、どの端末でもどのような環境でも対応できるようシンプルで直感的に操作ができるようにするためです。

Material Designは直訳すると物質的なデザインというような意味を持ち、現実世界のものの影や奥行き、動きなどに沿ったデザインをすることで、使用者が直感的に操作したりフラット画面でも立体的に見えるような工夫がされているのが特徴です。

デバイスによってそれぞれディスプレイサイズが違うため、装飾を可能な限り減らすことでデザインを最適化し、スマートフォンなどをはじめとするモバイル端末でデザインが崩れることを防ぎます。

Material Designは紙とインクの表現で形成され、カード型リストやヘッダーなどの要素を紙とし重ねて影をつけることで立体感を出し、文字や写真などの要素は紙の上のインクであるとしています。

しかし立体的に見せるために影を活用してはいますが、あまり多くの色は使用されていません。光や陰によって表現を変えたり、マウスポインタを合わせることで色を変えるなどユーザーの操作によって、ボタンなどが反応するように作られるなどさまざまな工夫を施すことで使いやすくしています。

Material DesignはWebサイトだけでなくアプリの開発にも利用できます。非常に細かいルールはありますので、基礎知識があっても実際に作成するのは難しいと感じることもあります。

しかしこのガイドラインに沿って作成していけば、ユーザーがどのデバイスでも使いやすいサイトを作ることが可能です。素材などは無料で提供されてるものがありますので、まずはそれを活用してデザインを始めてみるのもよいでしょう。

SNSでフォローする